穏やかな素敵な国!オーストラリアでワーキングホリデーをしよう

TOP > オーストラリアのワーキングホリデーについて > ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在先の種類について

ワーキングホリデーでオーストラリアに滞在先の種類について

海外で滞在するためには様々なビザがりますが、その中でも旅行だけでなく勉強や働く事までできる種類となるのがワーキングホリデービザになります。特に語学勉強をしながら働きたい人に人気の高いビザで、多くの人が活用していますよ。また滞在先としては英語初心者でも安心して生活しながら語学を学ぶことができることから、オーストラリアの人気がとても高いです。では実際にワーキングホリデービザを利用してオーストラリアに滞在する場合、生活するための滞在先が必要になりますよね。滞在先にも色々あるので、特徴などを理解したうえで選ぶことがポイントになります。まず1つの方法としてホームステイがありますよ。滞在方法の中でも費用を安く抑えて滞在できる方法になります。ただしホームステイ先によって食事や部屋の内容なども違いはあります。ですが毎日必ずホームステイ先の家族と会話が必要になるので、英語力を鍛えるためには効果的ですよね。

滞在先の種類として、アパート滞在などもあります。自分自身で借りると、生活する上で自由度がかなり高くなります。またプライバシーもしっかり確保できるので一人を希望する人であればおすすめな滞在先の1つになります。ただしアパートで生活するためには通常よりも高い滞在費用が必要になり、働いてお金を稼ぐことが必須になります。オーストラリアでアルバイトをする場合、日本人が経営している所以外であれば日常会話程度の英語力は必要になります。その他にはシェアハウスの利用などがあります。オーストラリアでワーキングホリデービザで滞在する場合、多くの人が語学力を学ぶことを目的としている人が多いです。学生同士でシェアすることで、滞在費用を安く抑える事ができます。2人から3人程度の少人数でのシェアの他に、中には8人以上の大人数でシェアする方法などもありますね。

ただしシェアは他人と共同生活をする事になるので、ルールを守ることやプライバシーが少ないという点は考慮する必要がありますよ。その他には勉強のために通う学校の寮を滞在先にすることも可能です。最初から寮での生活を希望する場合は、寮のある学校を選ぶことがポイントとですよ。寮の場合は設備もしっかりしており安心して生活できるだけでなく、勉強に集中することができます。ただし寮は学校に通っている間のみしか滞在はできません。学校を利用する期間によっては、新たな滞在先を途中で探す必要もでてきます。このように滞在先には様々な場所があり、メリットや特徴などにも違いがあります。事前に色々滞在先を調べる事で、自分が納得できる場所を探すのが大切になります。ワーキングホリデー自体は様々な経験ができる有効的なビザの1つです。ですがビザ取得には年齢制限もあるので、興味のある人は早めに利用するとよいです。