穏やかな素敵な国!オーストラリアでワーキングホリデーをしよう

TOP > オーストラリアのワーキングホリデーについて > オーストラリアはワーキングホリデーにおすすめの国

オーストラリアはワーキングホリデーにおすすめの国

オーストラリアは世界遺産がたくさんなる自然豊かな場所です。オーストラリアでのワーキングホリデー中に自由に行動をすることができます。仕事だけでなく、語学の勉強や観光することもできます。オーストラリアは古き時代から移民を受け入れていたため、さまざまな文化が合さりあった国です。日本人にとっては刺激的な異文化となり、触れ合うことは貴重な体験として今後の生活に活きてきます。文化だけでなく、オーストラリアは日本と同じように治安が良く衛生的にも医療面でも高い水準の国です。ワーキングホリデーに行く目的の多くが語学の習得です。日本もビジネスの場に英語を使う機会が増えており、留学ではなく働きながら英語を修得するワークングホリデーを利用する人も少なくありません。オーストラリアはもともとイギリスの植民地だったことから英語が母国語として使われています。オーストラリアの方々が話す英語はイギリス人やアメリカ人が話す英語よりもわかりやすくクセがあまりありません。

移民を多く受け入れていた経緯もあり、今現在であっても語学力が不足していても受け入れてくれる文化があります。またオーストラリアでは日本語や中国語などアジア圏の言語を外国語教育として力を入れています。日本語教育には特に力を入れているため、日本語が話せるオーストラリア人も数多くいますし、話せなくても日本に興味がある人が多く親日家が多いため日本人に親切な人も多いです。日本人が海外に行くときにはビザが必要な国と必要ではない国がありますが、必要がない国は通常訪れる目的が観光などに限定されています。オーストラリアに行く場合には、渡航目的と期間を明確にしてからビザを取得します。観光目的の場合には観光ビザ、留学も目的の場合には学生ビザ、仕事を目的として就労ビザ、そしてワーキングホリデーの場合にもビザが必要です。

ワーキングホリデービザでは滞在期間は12ヶ月以内と決められています。この期間は働くだけでなく、観光も勉強も自由にすることができます。さまざまなことができるビザは大変珍しく貴重ですが、実はワーキングホリデービザは18歳から30歳までしか利用することができません。短い期間ですので折角のチャンスを活用することがおすすめです。オーストラリアのワーキングホリデービザはインターネットで申請をすることができます。申請から48時間以内に手続きが完了します。オーストラリアでは日本人だけでなくアメリカやカナダ、ドイツなど数多くの人々をワーキングホリデーとして受け入れている国なので、ワーキングホリデーに行くとオーストラリアの人だけでなくさまざまな国の人達と交流をすることができます。ワーキングホリデーは最大12ヶ月の滞在期間ですが、セカンドワーキングホリデーを取得すると最大24ヶ月オーストラリアにいることができます。