穏やかな素敵な国!オーストラリアでワーキングホリデーをしよう

TOP > オーストラリアのワーキングホリデーについて > オーストラリアと英語をマスターする最短距離に関して

オーストラリアと英語をマスターする最短距離に関して

英語の必要性に関しては、大部分の方が痛切に感じているのではないでしょうか。特に日本人の大部分が、ペーパーテストでは点が取れても、喋ることにはコンプレックスを感じてしまっています。中国や韓国の後塵を排してしまっていて、ビジネス面でもダメージが大きくなっています。学校での授業や英会話スクール、国内にいても英語のスキルをアップさせる方法はあります。しかし、最も最短のマスター方法は留学ではないでしょうか。一年~二年、英語圏で学ぶことで飛躍的に英語力をアップさせることが出来ます。ただ、懸念されることの一つが資金面ではないでしょうか。とりわけ社会人にとっては、現地での授業料と滞在費用を自らで賄う必要があります。不安を感じたままの留学であれば、英語のマスターなど覚束ない状態になってしまいます。

そこで活用したいのが、ワーキングホリデー制度ではないでしょうか。ワーキングホリデーは、現地で働きながら英語を学べるシステムです。これだと費用面の心配は無用ですし、腰を据えて勉強に打ち込むことが出来ます。日本からワーキングホリデー制度を利用者可能な国は複数ありますが、治安の面ではオーストラリアが一番ではないでしょうか。働きながら学ぶということは、当然ですが夜間や深夜にまで仕事が及んでしまうことがあります。他の国においては治安の悪い場所もありますが、オーストラリアにおいてはそんな不安は皆無と言えるのではないでしょうか。アジア各国からの留学生も増えていますし、共に学ぶことで心の交流が出来るのではないでしょうか。食べ物も美味しいですし、一年を通して温暖な気候も魅力的です。

ワーキングホリデーと聞くと飲食店で働くイメージがありますが、オーストラリアの場合はファームステイが多いことでも有名です。広大な大自然の中で、羊や牛の世話をしながら英語を学ぶことが出来ます。最初は戸惑いもあるかもしれませんが、慣れるとリスニングの力が飛躍的に伸びていることが分かるはずです。買い物や観光に出掛けることが楽しみになりますし、一石二鳥の学び方と言えるのではないでしょうか。ワーキングホリデー制度を活用するには年齢制限がありますし、早めに旅立つことを推奨します。英語が話せると就職や転職に有利になりますし、英検を取得する際にもスラスラと問題が解けるはずです。多くの日本人がオーストラリアで成長を遂げていますし、それを後押ししてくれるのがワーキングホリデー制度だと言えます。